楽器についての簡単な知識

楽器についての簡単な知識

HOME オタマトーン <カラー図解>楽器のしくみ CASIO 電子キーボード 運営者 ブログ

オタマトーン(ホワイト)


商品紹介

さわって奏でるカンタン楽器。タッチパネル部分にかるく触れるだけで音が出ます。指をスライドさせるとまるでトロンボーン。口をつまんでビブラート。

商品の説明

◆さわってカンタン! 音符の形をした電子楽器“オタマトーン”◆トイのような見た目と弾き方ですが、少し練習すればちゃんと曲を弾くことができます◆使い込むほどに自分のオタマトーンの音の位置がわかってくるから、楽譜がなくてもメロディを思い浮かべて曲を弾くことができるかも? ! ◆単純に音を楽しむ事ができる楽器です【プッシュ奏法】シッポスイッチを押してみてください。「ウー」と音がでます。押すところを変えると、音の高さも変わります。≪ポイント≫シッポスイッチを人差し指と親指でつまむと音が出しやすくなります。【口パク奏法】シッポスイッチを押したままにして、口をパクパクしてみてください。音色が「ウー」から「ワー」に変わります。口パクを連続して行うと「ワウワウワウ・・・」と、かわいい音になります。≪ポイント≫同じ高さの音でも口を開閉させるだけで音が変わります。口をパクパクさせると、弾いてる人も見ている人も楽しくなります。【スライド奏法】シッポスイッチを押したままにして、指をスライドしてみてください。音程が「キュイイイン」と変わります。≪ポイント≫はじめは、少し強めに押したままスライドさせて音がつながることを確かめてください。慣れてきたら弾きやすい力に加減してください。※オクターブスイッチを切り替えて、違う高さの音でも試してみてください。 / ■ 仕 様 ■単4乾電池×3個使用(テスト用バッテリー付属) /


By 
ピナクル (東京都江東区)
耐久性:5つ星のうち 3.0 楽しさ:5つ星のうち 5.0 教育的価値:5つ星のうち 5.0 
レビュー対象商品: オタマトーン(ホワイト) (おもちゃ&ホビー)

見た目のかわいらしさもさることながら
今までにあまり体験したことのない演奏方法なので
やっていると楽しくて夢中になります。
正しい音程を出すのが結構難しいですが、
難しいからこそやりがいもありますし、
コツがつかめれば、簡単な曲はすぐに演奏できますし
さらにお友達と何人かで合唱をやったら絶対に楽しいと思います!
とにかくかわいいので、愛着もわきますし
値段も買いやすいので、プレゼントにもお勧めだと思います。


…ただホワイトは顔がすぐ汚れそうかも。

By 
na
耐久性:5つ星のうち 4.0 楽しさ:5つ星のうち 5.0 教育的価値:5つ星のうち 5.0 
レビュー対象商品: オタマトーン(ホワイト) (おもちゃ&ホビー)

音程の不安定さがたまりません!
センサーが意外な程にシビアで、そうそう簡単には演奏させてもらえません(笑)
思わずほそーーーーく切ったビニールテープを貼って
音程を書き込みましたが、おおよそなので完璧な演奏は無理に近いです。

でもでもうまく演奏できなくても
口をぱかっと開けばなぜか笑顔になっちゃいます。
かわいすぎ!!!!

By 
sakura-z (神奈川県鎌倉市)
耐久性:5つ星のうち 3.0 楽しさ:5つ星のうち 5.0 教育的価値:5つ星のうち 4.0 
レビュー対象商品: オタマトーン(ホワイト) (おもちゃ&ホビー)

とある木村至信BANDファンのクリスマスパーティーにて行われた、プレゼント交換用に購入しました。
そのため、パーティーの場で遊んだ時のみの感想ですので、耐久性は正確には評価しかねるのですが、
全体的にはすこぶる楽しいものでした。
私はギターの経験はあるものの、オタマトーンにはフレットが無いため、
ピッチの維持に苦労しましたが、それでも演奏は楽しかったです。
フレットレスな楽器をたしなんでいる人なら、すぐ使いこなせるのではないでしょうか。

また、音域切り替えスイッチにより低い音から高い音までカバーしており、
複数台での合奏(?)や会話(?)が楽しめそうです。
スイッチを固定した場合、音域が1オクターブ強しかないのは弱点ですが、
演奏したい曲をその音域に収めるために移調するのは、音楽の勉強になると言えるかも知れません。

私が感じた欠点としては、単体で出せる音量が小さく感じました。
電池ケースの蓋がネジ留めなのも、ちょっと煩わしいですが、
これは、蓋が壊れにくいという長所であることも指摘したいです。